決算書分析のわかりやすい書籍(勝間和代さん、決算書は必ず裏を読め!)

私は簿記等があまり得意ではありませんでしたが、この本を読むことによって、決算書について体系的に理解できたと思います。

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つの視点から、会社の実態を把握することができます。

貸借対照表、損益計算書は、知ってる人も多いと思いますが、キャッシュフロー計算書は、知ってる人は、少ないと思います。

キャッシュフロー計算書によって、お金の流れがわかります。これをうまく活用すると。。。

自分は、やっていませんが、株式投資にも、こういった知識は役にたつと思います。

僕自身、金融の仕事を経験して、この知識を早くに身につけていれば、少しは仕事を楽しむことができたかもしれないと思ってます。

ここまで、記事をみて、興味がわいた方は、Amazon会員なら、プレビューが見れますので、チェックしてみてください。